大好きなあの子に早漏と言われ心の傷に!マジで原因と症状を調べてみた

早漏の症状と原因

参考サイト:早漏の原因と症状|ペニスの悩み相談

早漏とは以下の様に症状を定義しており、「挿入の前後問わず一分以内での射精」「挿入時に当人の意思によって射精を操作する事が出来ず射精感を遅らせる事が出来無い」「挿入の時間を十分に取る事が出来ないので相手を含め性交を充実させる事が出来ず、性交そのものを苦痛に感じる」とされ、本症はEDから高い確率で合併する事も知られており、年齢を問わず若年層から高齢の方まで起こるものと考えられ、罹患する年齢によってもその原因は異なるとされる疾患となります。
早漏を引き起こす原因とされているものには三つあるとされ、特に多いとされるのが心因型であり罹患者の七割近くの方が心の問題をきっかけとしており、18~30歳位までの若年層に多いとされ、現在感じている精神に掛かる負担や過去に体験した事がきっかけとなり発症となる事も有り、心の問題なだけに表面に現れない事が特徴となるので治療には三つの中でも多くの時間を要してしまうとされ、直接的な改善方法は無いと考えられています。
又、体自体の問題となりますが陰茎の皮膚が過敏な状態となっている事が考えられ、皮がきちんと剥けていない真性あるいは仮性包茎や成熟していくに伴い陰茎の感度が一定まで鈍化していない事が有り、刺激に対しての耐性が少ないので外部からの直接的な刺激や挿入によって受ける膣圧に耐える事が出来ず短時間での射精に繋がり、感度が問題となるので局所麻酔剤を用いる事で一時的に感覚を鈍化させる事ができ直に起こる射精感を減退させる事が出来ます。
最後に挙げられるのが脳内の神経物質の均衡に異常が起こる事で発症すると言われ、射精を司る交感神経が興奮し過ぎ無い様に抑える物質の一つ5-HTが不足する事でもう一つの物質NAが優位性を強める事で射精を抑える事が出来なくなるとされ、本来の目的とは異なりますが特定の抗鬱剤を用いる事で不足物質の濃度を上昇されせる事が出来るので経口内服の錠剤で症状を改善する事が出来るとされています。もし実際に早漏で悩みを抱えている男性がいらっしゃいましたらこの記事を読み、原因と症状を理解し改善に役立てていただければ幸いです。