大好きなあの子に早漏と言われ心の傷に!マジで原因と症状を調べてみた

セックスに支障をきたす早漏

男性特有の悩みで早漏があります。
射精が自分のタイミングでコントロールができず、満足な性行為が行えないことなどを指します。
中にはマスターベーションでは射精感をコントロールできるのに、セックスになると自分が思ってるよりもはやくなってしまうというかたもおられます。
主に男性性器自体には問題はなく正常にセックスを行うことができるのに女性を満足させる前に射精してしまいます。
原因として精神的な要因が考えられます。
まず性行為に慣れてないことが一番にあげられます。
射精のメカニズムとして、性的な興奮や性的な刺激を受けた時に脳から神経伝達され射精に至ります。
通常はうまく伝達されるのですが、焦りや緊張などによってうまく神経伝達されないと射精が早くなってしまうのです。
刺激にも慣れていないと、敏感になってしまい射精がコントロールできなくなってしまいます。
他の原因としてはストレスなどもあります。
現代社会様々なストレスがあります。社会的ストレス、対人関係、生活環境などがあり、ストレスがあることによって自律神経が上手く働かなくなってしまいます。
これらの場合は今までは大丈夫だったのにある日突然早漏になってしまったという事もあります。
射精の悩みは悩めば悩むほど症状は悪化してしまいます。
早漏の改善方法は複数ありますが、症状によってことなります。
まず精神的要因の場合はダポキセチンと言う成分が含まれた治療薬がお勧めです。
このダポキセチンは元々SSRIと呼ばれる抗うつ剤の一種で興奮などを抑えリラックスする作用があります。
脳を落ち着かせることで射精感をコントロールできるようにさせるのです。
ダポキセチンはED治療薬と一緒に服用することでさらなる効果が期待出来ると考えられています。
そして刺激に慣れていない場合はリドカインという局部麻酔が効果的です。
塗るタイプやスプレータイプなどがあり、直接男性性器に塗ることで刺激を抑えることができます。
もちろん最終的には射精が行えるので安心して使用できます。
早漏は男性にとって永遠の悩みであり通過点でもあります。
通常は性行為に慣れることにより改善されますが、中々そうはうまくいかない場合もあります。
悩んでるだけでは改善できない事もあるので、様々な治療法試してみる価値はあります。